通学?通信?宅建の試験勉強

宅建の場合には、最初に学習を始めると効率が良いとされているのは、宅建業法です。
具体的に宅建試験の学習を進めて行くとき、ある程度の優先順位をつけて学習を行うことが大きなポイントとなります。
資格試験に慣れていない人などは、あまり優先順位を考えず手当たり次第に学習を進めてしまいがちです。
しかし、一つの資格試験の中でも、その内容は大きなジャンルわけがされていますので、どのジャンルから学習を始めれば良いかをしっかりと検討して、その優先順位を決めておくようにしましょう。
宅建の場合には、最初に学習を始めると効率が良いとされているのは、宅建業法です。
宅建業法は、内容をしっかりと覚えていれば、確実に試験で点を稼ぐことが出来る項目なのです。
民法の場合は、その1000条ほどの中から出題されるのはせいぜい15問です。
しかし、宅建業法は85条しかありませんが、出題は15問を上回るケースもあるのです。
学習範囲と出題される問題数の比率を考えれば、まずは宅建業法を完璧になるまで学習した方が、効率的だと言えるのです。
学習を進めてテキストによる学習と、問題集などの演習問題を繰り返しているとわかりますが、宅建業法では限られた範囲から比較的多くの問題が出題されるため、比較的問題が重なりやすいという特徴があります。
そのため、過去の試験問題や問題集などの演習を行えば、本番で同じ問題が出題される可能性も高くなると言うわけです。
この点をよく理解して、まずは宅建業法から学習を始めるプランをたててみてはいかがでしょうか。

人気の宅建は、深く知るならココがイチオシです

Copyright (C)2018通学?通信?宅建の試験勉強.All rights reserved.