通学?通信?宅建の試験勉強

宅建とは宅地建物取引主任者の略称で、数ある資格の中でも非常に毎年の受験者数が多いと言われる国家資格の一つです。
資格合格のためには、その資格がどういったものなのかを正しく理解しておく必要があります。
宅建の場合でも同じで、学習方法などを考える前に、宅建とはどういった資格試験なのかを把握しておくべきでしょう。
まず基本的なことですが、宅建とは宅地建物取引主任者の略称で、数ある資格の中でも非常に毎年の受験者数が多いと言われる国家資格の一つです。
受験に関する資格が設けられていないこともあり、その受験者数は毎年20万人程度という規模の大きな試験となっています。
合格率は多くの年度で約15パーセント程度となっており、難易度については比較的高いと言えるでしょう。
合格者の年齢層はバラツキがありますが、平均年齢では35歳前後となっている様です。
合格者の中には最年少で15歳程度、さらに最高齢では80歳前後という非常に幅広い年齢層が見られます。
宅建の場合には不動産業に携わる人にとって必要不可欠な資格だと言えますので、比較的高齢になってから、不動産事務所の起ち上げなどを考えて、資格の取得を目指す人も多いようです。
資格試験は全てマークシート方式で行われていますので、記述による回答を求められることはありません。
そのため、暗記を行うというよりも、テキストなどに書かれている内容を、きっちりと理解しているかどうかが問われる試験内容だと言えるでしょう。
学習を進める場合にも、ただ用語を覚えるという方法では、内容の理解不足に陥ってしまうでしょう。

人気の宅建は、深く知るならココがイチオシです

Copyright (C)2018通学?通信?宅建の試験勉強.All rights reserved.